IT職種でのフリーランスの仕事のとり方

フリーランスが仕事を取っていく方法としては「クラウドソーシングを使う」というのがある。クラウドソーシングのサイトは複数存在しており、その中には記事のライティングからDB構築、システム開発など様々な職種の仕事が存在している。そのサイトに登録をすれば、大量にある案件から仕事を選べるため、自分ができそうなのを選択して取り組めば良い。
ただし、クラウドソーシングでの仕事は作業量に比べて報酬が安いものが多い。それは、仕事の雇い主の視点からすれば、確実に仕事をしてくれるという安心感と信用がないため、リスク管理のために報酬を低く設定しているためだ。雇い主に自分が、ある会社のシステムの開発を手がけたなど実績があり、それを伝えられれば、それを信用として報酬を上げる事ができるかもしれない。

これ以外の方法としては「仕事の仲間から仕事を得る」というのがある。フリーランスの場合、何にも縛られていないためか、仕事を任せても途中で逃げ出すような人もいる。そんな中で「今ある仕事を一生懸命に取り組む」という姿勢を貫いていると、新しい仕事がやってくる事がある可能性が上がる。
そうした姿勢はきちんと見てる人はいて、口コミとして周りに広まっていくだろう。もちろん、仕事の成果も出ている事も必須のため、仕事に対する意欲がある事と実績が出ているならば、戦力になる重要な人材と評価され、雇い主と関係がある取引先からも仕事の依頼が来るようになる。場合によっては仕事仲間が手に入れた仕事を一緒に行うという事もあるかもしれない。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.